【独学可能です!】プログラミング初心者におすすめの言語はこれ!

悩むカエル
悩むカエル

プログラミング初心者は何から勉強始めたら良い?

勉強すべき言語は?

こんな悩みを解決します!

本記事の内容

プログラミング初心者におすすめの言語の紹介
・HTML
・CSS
・Bootstrap
・JavaScript
・jQuery
・PHP

本記事の信憑性

本記事を書いている私は、以下で紹介する言語を勉強してWebサイト案件を受注したことがあります。

実際に受注した中で、必要だと確信した言語だけをご紹介しています。

この記事を読むことで、独学でプログラミングを勉強している初心者が何の言語を学んだらいいかが分かります。

プログラミング初心者におすすめの言語

プログラミング初心者におすすめなのはWebサイト制作です。

独学でやってもそこまで難しくないので挫折しにくいです。

では、Webサイトを作成するときに必要な言語についてご紹介します。

HTML

HTMLはWebサイト内の要素に対して、コンピュータが判別できるようにマークを付けていく言語になります。

例えば、文字列があるとします。

その文字列がタイトルなのか見出しなのか、文章なのかを指定します。

titleタグで書けばタイトルですし、Hタグで書けば見出しで、pタグで書けば文章としてコンピュータに判断されます。

他にも、ファイルや画像などのマークを付けていくことができます。

この時点では、文字の色や大きさ、太さなどは指定できていません。

CSS

CSSはHTMLで書いた要素に対して、装飾をつけていくための言語になります。

文字の大きさや太さ、色などを変更することができます。

他にも、背景色や画像の形、要素の位置などを指定することができます。

要素に対して多くの装飾をすることができるので、やってみたい装飾などがあったら調べてみてください。

Bootstrap

Bootstrapはプログラミング言語ではありません。

ですが、プログラミング初心者の方が手っ取り早くWebサイトを自分で作成することができるCSSフレームワークと呼ばれるものです。

後々学習する言語をやらなくても、Webサイトを作成することができます。

Webサイトのレイアウトや要素の塊をBootstrapを使うことで作ることができます。

また、Webサイトを表示する画面の大きさが変わった時に自動でレイアウトや配置を変更してくれます。

自分でWebサイトが作れるという実感を早い段階で得られるのは良いと思います。

JavaScript

JavaScriptはWebサイトに動きをつけることができる言語です。

先程紹介したBootstrapはJavaScriptやこの後に紹介するjQueryという言語をものすごく簡単に使えるようにしたものです。

Bootstrapだけでも、かなり優れたWebサイトを作成することができます。

ですが、JavaScriptを使えないとWebサイトの作成で案件を受注するのは厳しいです。

JavaScriptはWebサイトに対して動きをつけていくために使われます。

他にも、幅広い範囲で使われているので勉強する範囲を絞る必要があります。

jQuery

jQueryはJavaScriptを簡単に使えるようにしたライブラリといわれるものです。

すべてをJavaScriptで書くと難しくて分かりにくいことでも、jQueryを使えば短く簡単に書くことができます。

Bootstrapと違う点は、jQueryのほうが動きが柔軟にできるという点です。

Bootstrapは動きがパッケージ化されているので、パッケージにある動きしかできません。

ですが、jQueryだと自分で動きをつけていくためのコードを書いていくので、自分がつけたい動きに柔軟に対処することができます。

~ここまでがWebサイト制作に必要な最低限の知識~

ここまでできればWebサイトの案件を受注を受注することができます。

ここから先はさらに稼ぎやすくなるために必要な言語になります。

PHP

PHPはWordPressの案件を受注するために必要になります。

WordPressというのは、ブログの運営を楽にするためのソフトウェアです。

最近はブログを運営している人が増えてきており、ブログのレイアウトを変更したいと考えている人が多くいます。

ただ、自分ではいじれないため、いじれる人を探しているわけです。

そのため、WordPressの案件は多くあります。

勘違いしないでほしいのは、稼げるならPHPだけでいいじゃんと考えないでください。

PHPを使うのはWordPressにサイトを入れ込む時だけです。

他は普通に上記で紹介した言語を使ってWebサイトを作成していきます。

PHPも対応できる範囲は広いですが、WordPress案件で使う知識は限られるので勉強する範囲を絞る必要があります。

まとめ

今回は、プログラミング初心者におすすめの言語について書いてきました。

紹介した言語をもう一度振り返ってみましょう。

  1. HTML
  2. CSS
  3. Bootstrap
  4. JavaScript
  5. jQuery
  6. PHP

これらを勉強すればWebサイトを作成することができるようになります。

Webサイトが自分で作れるようになると、クラウドソーシングサービスで案件を受注することが出来ます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント