【朝活したい人必見】朝活におすすめの活動を9個教えます!

朝活

最近朝活をする人が増えてきているのをよく感じています。

僕も朝活に取り組んでいるわけですが、何をしたらいいのか分からない人もいると思います。

ですので、今回は

悩めるカエル
悩めるカエル

そもそも朝活って?

朝活始めてみたいけど、何を始めたらいいの?

このような疑問に自分がやったことのある朝活を紹介しながら答えていきます。

この記事を読むことで、明日から朝活を始められるようになります。

ぜひ、朝活をこれから始めようと思っている人は読んでみてください。

そもそも朝活って?

朝活について辞書で調べてみると、このように書いてありました。

出勤前の朝の時間を活用して、仕事や勉強、趣味、体力づくり、交流などの自分自身のスキルや能力などを鍛えて磨きをかけることに充てることを、「就活」や「婚活」に倣って「朝活」と呼びます。

https://www.weblio.jp/content/%E6%9C%9D%E6%B4%BB

朝の時間にスキルや能力を鍛えることを朝活と呼んでいるわけです。

では、これから僕が今までやってきたおすすめの朝活を紹介していきます。

おすすめの朝活

読書

朝は頭がすっきりとしているので、内容が頭に入ってきやすいです。

僕は特に自己啓発関係の本を読んでいました。また、自己分析関係の本も読んでおり、頭が冴えているからこそわかることもありました。

僕は自己啓発や自己分析に関する本を読んでいましたが、小説などを読むのも良いと思います。内容が理解しやすく頭に入ってきやすいです。

瞑想

頭がすっきりして一日の時間がゆっくりと過ぎているように感じます。瞑想はとても良いです。瞑想を始めて6か月が経ち、一日の作業がすごくはかどるなと感じています。

メンタリストのDaiGoさんもおすすめしており、やってみる価値はあると思います。

※追記

現在、私は朝に瞑想をするのをやめて夜にしています。その代わりに、朝にはモーニングページを書いています。モーニングページは瞑想と同じような効果があると言われているので、実験的にやっています。

一週間やってみてまだ慣れてはいませんが、効果は良い感じです。

散歩

僕はたまにしているのですが、朝から動くのは良いと思います。また、街並みがいつもと違ったように見えるので、新しい発見があるかもしれません。

日の出とともに散歩すると、朝焼けを見ることができるのでおすすめです!

しかし、散歩に行くとなるとある程度のまとまった時間が必要になりますし、雨が降っているときにできないのが難点です。

それでも、やってみる価値はあるのでやってみてください。

サイクリング

散歩と似ている部分もありますが、新しい発見があって朝からあいているカフェなどを発見できます。また、朝早くだと車の通りも少ないので安全に自転車に乗ることができます。

余談ですが、僕はブログを書いたりプログラミングをしたりするので、作業ができる場所を常に探しています。さらに、超朝方の人間なので早朝から開いているカフェは貴重なのです。

カフェ

カフェでモーニングをゆっくりと食べるのは、心にゆとりができます。普段行かないようなカフェに行ってみたりするのも良いと思います。

モーニングを食べ終わったあとに、ゆっくりするのもおすすめです。

ただ、出費がかさむので週に2回くらいがベストだと思います。

勉強

頭がすっきりしているから入ってきやすいし、周りが静かだから集中できます。自分の能力を高めるために勉強するのもおすすめです。

おすすめの勉強は、英会話・プログラミング・ブログです。これからの人生の中で役に立つものになります。

英会話は仕事でも外国の方と関わる機会が増えるかもしれませんので、やっておいて損はないでしょう。

プログラミングはまだまだ発展している産業ですし、人手も不足しています。また、手に職をつけることができて給料も良いのでおすすめです。

ブログは不労所得を作ることができます。不労所得を得られるようになるまでは時間や労力がものすごくかかりますが、一度稼げるようになるとあまりやらなくてもある程度はお金が入ってくる仕組みを作ることができます。

趣味

朝から楽しくなります。自分の好きなことをするので、起きるときも苦にならないと思います。

朝活が何をやったらいいかわからないなら、まずは趣味からやるのが良いと思います。趣味がキャンプなどの大掛かりなものである場合は、用具を手入れしたらいいと思います。普段では手入れできないところをやってみましょう。

自己分析

頭がクリアになっているからこそ気づくこともあります。自己分析はやってもやりきれないので、毎朝10分程度行います。自己分析をすることで自分がやりたいことが見つかったりします。

自己分析は終わりがないので、すごく面白いです。行動が変わると気持ちに変化が表れて、分析結果が変わったりします。今はこうでもずっと同じだというわけではないのでやってみましょう。

自己分析におすすめの本があって、それは「ストレングス・ファインダー」という本です。これについているコードを使うことで、Webアプリで自己分析ができます。100問くらいの質問に答えることで、今の自分がどんな感じなのかを判定してくれます。

1日のスケジューリング

計画を立てることでスムーズに1日を送れます。その日にするべきことなどを洗い出し、優先順位をつけていきます。その時に気を付けることは、午前中は頭を使う必要があるものを配置してください。そうすることで、効率的に物事を進めることができます。

方法としては、バレットジャーナルという方法を使うことで見やすく、管理のしやすい計画を立てることができます。

バレットジャーナルって何?何から始めたらいいの?

やってはいけないこと

メール・SNSチェック

せっかく頭がクリアになっているのに多くの情報が一気に入ってくるから頭が疲れます。

また、SNSチェックをしていると終わりがないので時間をすごく無駄にしてしまいます。得られるものが少ないうえに、奪っていくものが多いのでやらないことをおすすめします。

まとめ

今回は、おすすめの朝活について実体験をもとに紹介してきました。朝活についてわからなかった方の参考になるとうれしいです。

コメント